2015年7月26日日曜日

おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 003

おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 003 底本
おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 003 底本

おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 003 ルビ付
おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 003 ルビ付

 
底本ではかすれがあるので、他版参照

003
01 別墅尓(に)移る耳(に)
02  草の戸も住替類(る)代そひなの家
03 面八句を庵の柱尓(に)懸置弥生も
04 末の七日明本(ほ)のゝ空朧々として月八(は)
05 在明尓(に)て光おさ万(ま)れる物可(か)ら
06 不二峯幽尓(に)みえて上野谷中の
07 花の梢又いつ可(か)者(は)と心本(ほ)そしむつまし
08 き可(か)起(き)り八(は)宵よりつとひて舟尓(に)

注:
01 移るに [柿03.08(うつるに)]
02 住替る--住み替(かは)る
02 ひなの家 [芭01b.07(雛の家)][柿03.09(雛の家)]
03 面八句を [芭01b.08(面八句を書て)]
03 懸置---懸け置く
04 七日 [芭01b.09(七日元禄二とせにや)]
05 在明 [芭01b.10-11(有あけ)]
06 不二 [芭01b.11-12(冨士)][柿04.03(不邇)]
06 峯 [柿04.03(みね)]
06 幽にみえて [芭01b.12(かすに見えて)]
07 花の梢 [柿04.04(花梢)]

芭---芭蕉自筆奥の細道 岩波書店
例:芭02a.03 --- 二オの三行目

柿---柿衛本 素龍筆 おくのほそ道 新典社
例:柿02.03 --- 二ページ3行目

003
別墅(べつしよ)に移るに
 草の戸も住み替(かは)る代(よ)ぞひなの家
面八句(おもてはちく)を庵(あん)の柱に懸(かけ)置く。弥生(やよひ)も
末の七日、明(あけ)ぼのゝ空朧々(ろうろう)として、月は
在明(ありあけ)にて光おさまれる物から、
不二(ふじ)の峯(みね)幽(かすか)にみえて、上野(うへの)・谷中(やなか)の
花の梢(こずゑ)、又いつかはと心ぼそし。むつまし
きかぎりは宵(よい)よりつどひて、舟に

はじめに
底本と主な参考文献
ひらがなの字母
表紙 000 
1.序章 001 002 003.03
2.旅立 003.03 004 
3.草加 005 006.05
4.室の八島 006.06 007.05
5.仏五左衛門 007.06 008 009.01
6.日光 009.02 010 011 012.03
7.那須 012.04 013 014.06
8.黒羽 014.07 015 016.07
9.雲巌寺 016.08 017 018 19.07
10.殺生石・遊行柳 19.08 020 021.02
11.白河の関 021.03 022.06
12.須賀川 022.07 023 024 025.05
13.あさか山 025.06 026.06
14.しのぶの里 026.06 027.07
15.佐藤庄司が旧跡 027.08 028 029.07
16.飯塚 029.07 030 031.08
17.笠島 031.08 032 033.03
18.武隈 033.04 034 035.01
19.宮城野 035.02 036 037.04
20.壺の碑 037.05 038 039 040.03
21.末の松山 040.04 041 042.04
22.塩竈 042.04 043 044.04
23.松島 044.05 045 046 047 048 049.05
24.石巻 049.06 050 051.07
25.平泉 051.08 052
053 054 055.01
26.尿前の関 055.02 056 057 058 059.01
27.尾花沢 059.02 060.03
28.立石寺 060.04