2015年9月13日日曜日

おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 037

おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 037 底本
おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 037 底本

おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 037 ルビ付
おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 037 ルビ付

おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 037 変体仮名
01 且紺の染緒つけ多(た)る草鞋二足
02 餞すされ八(は)こ所(そ)風流のし連(れ)もの
03 爰尓(に)至りて其実を顕す
04  あやめ艸足尓(に)結ん草鞋の緒
05 可(か)の畫圖尓(に)ま可(か)せて堂(た)とり行八(は)
06 おくの細道の山際尓(に)十符の
07 菅有今も年々十符の菅菰
08 を調て国寺尓(に)献すと云り

注:
03 其--其の
04 結ん---結ばん
05 行は---行けは
07 有---有り
08 云り---云へり

おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 037

濁点・現代仮名・(読点は曽良本に従う)
01 且、紺の染緒つけたる、草鞋二足
02 餞(はなむけ)す、さればこそ、風流のしれもの、
03 爰に至りて其の実を顕す
04  あやめ艸足に結ばん草鞋の緒
05 かの、畫圖(ぐわと)にまかせて、たどり行けば、
06 おくの細道の、山際に、十符(とふ)の、
07 菅(すげ)有り、今も、年々十符の菅菰(すがごも)
08 を調(ととのへ)て、国守に献ずと云へり

諸本の異同の対照
井筒屋本
柿衛本
曽良本
芭蕉自筆本
037.01(つけたる)
30.06(付たる)
14a.06(つけたる)
11a.11(つけたる)
037.01(二足)
30.06(二足)
14a.06(二足)
(二束)()消し右に()
11a.12(二束)
037.02(餞す)
30.06(はなむけす)
14a.06(はなむけす)
11a.12(はなむけす)
037.03(顕す)
30.08(あらはす)
14a.08(あらはす)
11b.02(あらはす)
037.04()
30.09()
14a.09()
11b.03()
037.04(結ん)
30.09(結はん)
14a.09(結ん)
11b.03(結ん)
037.05(かの)
30.10(かの)
14b.01()
11b.04()
037.06(おくの細道)
31.01(おくのほそみち)
14b.01(おくの細道)
11b.04(おくの細道)
037.06(十符)
31.01(十ふ)
14b.02(十符)
11b.05(十符)
037.07(菅有)
31.02(菅あり)
14b.02(菅有)
11b.05(菅有)
037.07(菅菰)
31.02(すか菰)
14b.03(菅菰)
11b.06(菅菰)
037.08(云り)
31.03(いへり)
14b.03(云り)
11b.06(云り)

はじめに
底本と主な参考文献
ひらがなの字母
表紙 000 
1.序章 001 002 003.03
2.旅立 003.03 004 
3.草加 005 006.05
4.室の八島 006.06 007.05
5.仏五左衛門 007.06 008 009.01
6.日光 009.02 010 011 012.03
7.那須 012.04 013 014.06
8.黒羽 014.07 015 016.07
9.雲巌寺 016.08 017 018 19.07
10.殺生石・遊行柳 19.08 020 021.02
11.白河の関 021.03 022.06
12.須賀川 022.07 023 024 025.05
13.あさか山 025.06 026.06
14.しのぶの里 026.06 027.07
15.佐藤庄司が旧跡 027.08 028 029.07
16.飯塚 029.07 030 031.08
17.笠島 031.08 032 033.03
18.武隈 033.04 034 035.01
19.宮城野 035.02 036 037.04
20.壺の碑 037.05 038 039 040.03
21.末の松山 040.04 041 042.04
22.塩竈 042.04 043 044.04
23.松島 044.05 045 046 047 048 049.05
24.石巻 049.06 050 051.07
25.平泉 051.08 052
053 054 055.01
26.尿前の関 055.02 056 057 058 059.01
27.尾花沢 059.02 060.03
28.立石寺 060.04