2015年7月21日火曜日

おくのほそ道 はじめに

はじめに

このブログは、奥の細道の原書(江戸時代に出版された本)を、気軽に読んでみようというものです。

江戸時代の本というと、くずし字や、変体仮名などがあって、「とても読めたものではない!」 と思うかもしれませんが、でも、ルビを頼りすれば、初めての方でもとっても簡単に読めると思います。どうぞお気軽にお試し下さい。


このブログの構成は次の通りです。

1.底本(江戸時代に出版された本)の画像(影印)を掲げます。

2.底本のくずし文字に、活字のルビを振ります。この際、分かりにくそうな箇所を赤で囲みます。

3.ルビの部分をテキストにしたものを、掲載します。

4.上記のテキストの変体仮名を現代仮名に統一します。そして、濁点と読点と必要最低限の振り仮名を補ったものを掲載します。

5.諸本の異同の対照表を掲載します。(まあ、読み飛ばして下さい)


このブログは、くずし字や、変体仮名を読むことに特化しているので、奥の細道の語釈や解説などはありません。
ですから、岩波文庫・講談社学術文庫・角川ソフィア文庫の「おくのほそ道」のどれでもよいので、一冊を手元に置いて、このブログを活用されるとよいと思います。または、ネット上にも、素晴らしいサイトが沢山ありますので、そういったサイトを参考にされるのもよいと思います。


ひらがなについて
変体仮名と同様に、現代使われている「ひらがな」にも、基となる漢字(字母)があるのですが、ルビの部分にそれを載せると煩雑になるので、「ひらがな」の字母は省きました。
(字母のくずしがなく、「かな」として用いられているのか、漢字として用いられているのか、わかりにくい場合などは、適宜、字母も載せることにします)

以下が、ひらがなの字母です。

安(あ) 以(い) 宇(う) 衣(え) 於(お)
加(か) 幾(き) 久(く) 計(け) 己(こ)
左(さ) 之(し) 寸(す) 世(せ) 曽(そ)
太(た) 知(ち) 川(つ) 天(て) 止(と)
奈(な) 仁(に) 奴(ぬ) 祢(ね) 乃(の)
波(は) 比(ひ) 不(ふ) 部阝(へ) 保(ほ)
末(ま) 美(み) 武(む) 女(め) 毛(も)
也(や) 由(ゆ) 与(よ) 
良(ら) 利(り) 留(る) 礼禮(れ) 呂(ろ)
和(わ) 為(ゐ)  恵(ゑ)  遠(を) 无(ん)


諸本の異同の対照表について
対照をさせるのは、「素龍筆の井筒屋本」 「素龍筆の柿衛本」 「曽良本」 「芭蕉自筆本」の四種類の本で、語句の差異と、漢字と仮名の違いを対照させています。

コード番号は、ページ数と行数です。

柿衛本---新典社で出版されている本のページ数を表します。
例: 12.05 12ページの5行目

曽良本--- 1オ、1ウ (1表、1裏)を、1a 1b と表します。
例: 12a.04 12オの4行目,  15b.05 15ウの5行目

芭蕉自筆本は、曽良本の表記法に準じます。

底本と主な参考文献

T&H examination company
水音凛香
速水敬五
メールフォーム
はじめに
底本と主な参考文献
ひらがなの字母
表紙 000 
1.序章 001 002 003.03
2.旅立 003.03 004 
3.草加 005 006.05
4.室の八島 006.06 007.05
5.仏五左衛門 007.06 008 009.01
6.日光 009.02 010 011 012.03
7.那須 012.04 013 014.06
8.黒羽 014.07 015 016.07
9.雲巌寺 016.08 017 018 19.07
10.殺生石・遊行柳 19.08 020 021.02
11.白河の関 021.03 022.06
12.須賀川 022.07 023 024 025.05
13.あさか山 025.06 026.06
14.しのぶの里 026.06 027.07
15.佐藤庄司が旧跡 027.08 028 029.07
16.飯塚 029.07 030 031.08
17.笠島 031.08 032 033.03
18.武隈 033.04 034 035.01
19.宮城野 035.02 036 037.04
20.壺の碑 037.05 038 039 040.03
21.末の松山 040.04 041 042.04
22.塩竈 042.04 043 044.04
23.松島 044.05 045 046 047 048 049.05
24.石巻 049.06 050 051.07
25.平泉 051.08 052
053 054 055.01
26.尿前の関 055.02 056 057 058 059.01
27.尾花沢 059.02 060.03
28.立石寺 060.04